2009年05月14日

耕運機に使用する燃料について

耕運機は、ガソリンを燃料として動かす機械だということはご存知ですか。


耕運機の燃料は、ほとんどの場合、灯油や軽油が使用されています。
つまり、普通の自動車と同じという事です。


ただ、これらの燃料、特に軽油の場合、出力を強くすると黒い煙が出て、視覚的にいかにも環境によろしくないといった印象を持たれてしまいます。
これは、畑や田んぼを運営する上で、あまり好ましくないですよね。


そこで、最近注目されている耕運機用の燃料が、のがバイオディーゼル燃料です。


バイオディーゼル燃料とは食用の廃油、つまり天ぷらなどを揚げた後の残りの油を使った燃料の事です。


このバイオディーゼル燃料の利点は、環境に優しい事につきます。
軽油を使用した場合のような黒い煙は出ず、空気が汚れる事もないので、見た目にも実際にも環境に良く、農業を営む人にとっては最適の燃料と言えるでしょう。


ただ、これまでのバイオディーゼル燃料には大きな欠点がありました。
洗浄が行き届かず、きつい臭いが残ってしまう事です。
いくら環境に優しいとは言っても、車内に耐えがたい臭いが充満するような事態になってしまっては、使用する事は難しいですよね。


しかし近年、バイオディーゼル燃料の作成方法が確立し、ほとんど臭いが残らない状態で使用できるレベルにまで至りました。
これによって、耕運機の燃料はバイオディーゼル派が大分多くなったようです。


このバイオディーゼル燃料、実は各家庭でも作れたりします。
必要なのは、廃油とメタノール、希塩酸溶液、硫酸マグネシウム溶液です。


希塩酸溶液は少し手に入れるのが難しいかもしれませんが、値段自体は割と安価ですので、経済的な負担も少ないかと思います。

[PR]快適な日常生活を送る為のマイホーム設計方法とは



同じカテゴリー(耕運機の種類と特徴)の記事
 耕運機の歴史と便利な性能 (2009-05-26 13:11)
 耕運機を運転する為の注意事項 (2009-05-25 12:11)
 家庭用耕運機について (2009-05-24 12:11)
 耕運機のレンタルを行なう業者とは (2009-05-23 16:10)
 小型耕運機の長所について (2009-05-22 14:12)
 耕運機を販売する店舗特集 (2009-05-21 11:13)